小学校英語とは具体的にどういうことですか?

小学校の英語教育は2020年度から変わります。いざ英語の教育改革が始まると、どのような変化があるのでしょうか。2020年の学習指導要領改訂に合わせて、移行期間が始まりました。
自治体によりますが、学習指導要領改訂に合わせて、早いところは5-6年生用新教材「We Can!」、3-4年生用新教材「Let's Try!」の使用が始まっています。
現在は小5・6で外国語活動として年間35単位時間(週1コマ程度)実施していますが、2020年度からは小3・4で年間35単位時間、小5・6で年間70単位時間と文科省は発表しています。
2020年からの新指導要領では3-4年生は「聞くこと」「話すこと」を中心とした活動を通じて外国語に慣れ親しみ、外国語への動機づけを高めることを目的とし、教科化される5-6年生の外国語は段階的に「読むこと」「書くこと」を加えて総合的・体系的に学習することになります。
教科化されると必ず「評価」が話題に上がりますが、こちらはまだどのように評価するかを文科省は明言していません。2018年の夏以降といわれていますが、子どもたちの動機づけになるような評価方法が発表されることを期待したいですね。
小学校だけでなく、今後、中学・高校・大学も変わってゆきます。今回の改革は、「100年に一度の英語教育改革」と言われています。2011年の小学校英語必修化から始まり、2020年には大学入試制度もコミュニケーション能力を測る入試に変わります。「読む」力を測る比率が高い現在の大学入試から、「聞く・読む・話す・書く」の4技能を測るテストに変貌します。大学入試が変わると高校、中学の英語も変わると長い間言われてきましたが、いよいよその時が近づいていきました。
小学校英語はこの100年に一度の英語教育改革の先陣を切っています。小学校英語の成功が英語教育改革に大きな影響を及ぼすことは必至なので、私たちもしっかり応援したいですね。

外国語活動とは・・・

外国語を通じて、

  • 目標1) 言語や文化について体験的に理解を深め、

  • 目標2) 積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図り、

  • 目標3) 外国語の音声や基本的な表現に慣れ親しませながら、

コミュニケーション能力の素地を養う。
それでは具体的に何をすればよいのでしょう?
目標1

言語や文化について体験的に理解を深めるために、
体を動かし、体を使うことで、子どもたちに外国語(英語)の体験を実感させるような活動を考えましょう。
解説や説明ではなく、体験を通して言語や文化を学べるような活動を工夫しましょう。
これには、国際的マナーの基本をおさえることも含まれます。

○言語や文化を体験する活動、国際的マナーの育成の活動とは:
・異文化を体得できる歌、チャンツ、絵本を取り入れた活動。
・いつでも、誰とでも笑顔で、はっきりとした声で話す。
・会話をするときには相手の目を見て話す。
・自分の気持ちを伝えたり、発表する時には言葉以外のジェスチャー、表情をつけて話す。
・自分から手をあげて発信、発言する。進んで発表する。
・Really?  Wow!  That’s great! How about you? など、相手の言うことに興味・関心を示し、反応する。
・子どもたちからJTE/ALT、ゲストに、積極的にインタビュー、質問をする。
・静かに相手の話、発表を聞く。人が話している時に私語はしない。
・友達同士お互いにほめあう、コメントを言いあう。

目標2

積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図るために、
できるだけ多くの人と関わりを持ち、外国語(英語)を使いながらコミュニケーションの体験ができる活動を考えましょう。
グループ/ 列/ 班/ ペア活動など、子ども同士が励ましあい、助け合いながら学びあえるチャンスを提供しましょう。

○コミュニケーション体験ができるような活動、子ども同士でできる活動とは:
・英語日直、歌のリーダー、ゲームリーダー、絵本リーダー、ダンスリーダーなどが活躍し、先生に代わってクラスをリードできるような活動。
・子どもたちがグループ/ ペアなどでクイズ、問題などを考え、出題する。
・グループ/ ペアなどで、既習の歌やチャンツの単語を入れ替えてオリジナルの歌やチャンツを作る。
・教室を歩き回りながら、3~5人にインタビューする、質問する。
・相手を換えながらできるゲームをすることで、できるだけ多くの人とかかわる姿勢を身につける。
・スピーチ、Show and Tell などグループで前に出て、一人ずつ発表する。
・人の発表を見たら、必ず感想、コメントを言う。

目標3

外国語の音声や基本的な表現に慣れ親しませるために、
“Repeat after me.”とは言わないで、繰り返し楽しく練習できるような活動を考えましょう。
外国語(英語)を知識として知るだけではなく、実際に声に出して言ってみたり、使ってみるような活動をたくさんしましょう。
繰り返し聞くことが大事なので、校内放送、学年集会、全体集会等で全校で英語の歌、チャンツ、会話などを聞く機会を増やしましょう。

○外国語(英語)を知るだけではなく、使ってみる活動とは:
・歌やチャンツを、指導者と子どもたち/ グループ/ ペアなどのかけ合いで、形を替えて練習する。
・歌やチャンツは動作を付けて歌う、言う。
・単語や表現の練習をする時にもいつもリズムを崩さずに言う。
・歌やチャンツをグループで分担しておぼえて発表する(4行なら4人で、6行なら6人でなど)。
・グループに分かれてリレーゲームをしながら、外国語(英語)を繰り返し言ってみる。

FUMUFUMU英語とは?

フムフム英語は子どもの英語学習に関する悩みや相談などを気軽に話し合える場所です!

あなたの思っていることや回答がきっと他の人に伝わり、助けとなっていきますので、ぜひご参加ください!

新規会員登録(無料)はこちら