小学校英語にたずさわる教員のみなさまへ

小学生の学級担任の先生方、そして支援者の皆様

2011年の4月より、公立小学校における外国語(英語)活動は、5、6年生児童を対象に年間35回が必修化されました。
これまでの試行期間を経て、すっかり準備が整った学校や地域もあれば、これからというところもあるかもしれません。しかし、いよいよスタートラインに立ったのですから、関係者一同、明るく、前向きにやっていきたいと願っています。
私は新学習指導要領の外国語(英語)活動の目標の「ファン」です。私はこの目標についてこれまでに300回以上は解説をしたと思います。はじめは分かりにくい、長々しいと思っていたこの目標も、回を重ねるごとに私の中に入ってきて、今では、これは実に広い、高い、深い、目標であると考えるようになりました。
外国語を通じて、
・言語や文化について体験的に理解を深め、
・積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図り、
・外国語の音声や基本的な表現に慣れ親しませながら、
コミュニケーションの素地を養う。
この目標は「広い」ものですから、どこまでも幅をひろげていけます。
この目標は「高い」ものですから、どこまでも高めていけます。
この目標は「深い」ものですから、どこまでも深めていけます。
つまり、この目標を見失わない限り、それぞれの都道府県で、地域で、学校で、学級で、
自分たちの実情にあわせた、溌剌とした外国語(英語)活動を展開すればよい、のではないかということです。
最も大切なことは、これは「体験活動」であるため、
指導者も、子どもも動くこと、
ペア活動や、グループ活動をふやすこと、
音声を大切にすること、声にだしてみること、
先生ではなく、子どもが活躍すること、
よくわからないことも、まずはやってみるというチャレンジ精神をもつこと、
なるべく多くの人と積極的にかかわること、
日本語を使わない人とも分け隔てなくかかわること、
子どもが人前にでて話す機会を増やすこと、
評価はペーパーテストではしないこと、
こんなことに注意すればよいのではないか、というのが私の考えです。フレー、フレーと応援しています。

J-SHINE小学校英語指導者認定協議会理事・認定委員、mpi会長 松香洋子

学校現場の先生に望むこと、お願いしたいこと
小学校教員
  • 英語を教えるのではなく、子どもたちと一緒に英語を体験しましょう。
  • 音声教材を活用して、たくさん英語の音を聞かせましょう。
  • 先生は子どもたちの支援者です。子ども同士で助け合い、学び合い、子どもたちが活躍できる環境作りをしましょう。
  • 少しの英語でも、それを使ってみる勇気、通じる喜びを子どもたちに体験させてあげましょう。。
中学校教員
  • 小学校の授業を参観しましょう。体験的に英語を学ぶ子どもたちの姿を実際に見てみましょう。
  • 一方的に教え込む授業ではなく、教師と生徒、生徒と生徒の相互のやり取り、インタラクションを取り入れた活動を目指しましょう。
  • 英語を知識として学ばせるだけでなく、英語をコミュニケーションの道具として使える子どもたちを育てましょう。
小・中学校連携について
  • 小学校は「体験活動」、中学校は「教科」ですが、トピックはできるだけ同じようなものを取り上げ、音声重視のもの、インタラクションを取り入れた指導法なども同じであるのが理想です。
  • 小学校の時から人前で発表する事を習慣付け、中学校になってからもそれを継続し、それをパフォーマンス評価につなげていきましょう。
  • 英単語をいくつ知っている、文法を正しく使える、英文を正しく言える、書けると言う評価ではなく、単語を練習し、表現を練習し、という下から積み上げていくBottom up方式でもなく、最初からある程度まとまった英語を聞かせる、言わせるというTop down方式の指導法でつなげていくのが理想です。
  • 小学校では「聞く」「話す」を中心とし、一方、中学校では「聞く」「話す」「読む」「書く」を目指しましょう。
    その連携をスムーズにするために、小学校でも言えるようになった単語・表現は、文字を見せて読んでみる、読めるものは書き写してみる、という活動も入れられるのが理想です。
FUMUFUMU英語とは?

フムフム英語は子どもの英語学習に関する悩みや相談などを気軽に話し合える場所です!

あなたの思っていることや回答がきっと他の人に伝わり、助けとなっていきますので、ぜひご参加ください!

新規会員登録(無料)はこちら