子供の英語教育・英語教材の口コミならフムフム英語TOP > 「バナナじゃなく... に関する疑問・回答
このエントリーをはてなブックマークに追加

「バナナじゃなくてbananaチャンツ」カードの使い方

「バナナじゃなくてbananaチャンツ」は、是非レッスンで使用してみたい教材のひとつです。
カードもあり、このカードの使い方としては、次の2つが考えられると思います。

①教師がカードの英単語を読み上げ、子供たちがその単語のカードを取る。
②子供たちにカードを裏返して状態で引かせ、その単語を発音させる。

この他におすすめの使い方があれば是非教えて下さい。よろしくお願いします。

投稿日時:2015年05月28日 10時32分
この質問に回答する
このQ&Aは参考になった? はい
1人が「このQ&Aは参考になった」と投票しています
この質問への回答一覧(1件 1/1ページ)

「バナナじゃなくてbananaチャンツカード」の使い方

cookie様

「Go Fish」はされたことがありますか?どんなカードでも遊べるので便利ですね。
ババ抜きとほぼ同じような感じで準備します。まずは、バナナチャンツカードを2セット用意します。1曲分のカードを2セットよくシャッフルします。1人手持ちのカードを5枚、もしくは7枚配り、残りはカードの中が見えないように下向きに真ん中に積んでおきます。First Playerは、他のプレイヤーの中から好きな人を1人選んで“ Mika, do you have pudding?”と聞きます。Mikaちゃんは、持っていたら"Yes,here you are.”とそのカードをあげなくてはいけません。持っていなかったら“No, I don't. Go fish.”と言います。Playerは、真ん中のpileから1枚カードを取ります。2枚揃ったら、“I got a pair.”などと言って自分の前にペアのカードを置きます。よく耳をすませて聞いていると、Playerの持っているカードもわかるので有利になるため、周りの人の言うこともよく聞く練習になります。早く手持ちのカードがなくなった人が勝ちです。選んだプレイヤーに名前を呼んで声をかけるのも、良いコミュニケーションの練習になりますね。たくさん時間のある時は、2曲分のカードを使っても良いと思います。
負けて悔しがって泣く子のいるクラスでは、前もって、もしくはゲームの後に、「負けても楽しめるお兄さんやお姉さんになったから、たくさんゲームが楽しめるね」などと言うと効果がある時があります。笑
あらゆるカードで楽しめるのでGo Fishは中学生のgrammar cardsとかでも活用してました。

投稿日時:2015年05月28日 11時21分

お礼

再びアドバイスをいただきありがとうございました!「Go Fish」というゲームの名前は聞いたことがあったのですが、その遊び方については初めて知りました。このゲームは子供たち同志のインタラクションが十分にありとてもよいですね。今回も大変参考になりました!

関連商品のご案内

  • 通じる英語はリズムから  The goose with the golden eggs

    通じる英語はリズムから  The goose with the golden eggs

    発表教育にピッタリ!子どもたちにもなじみ深いイソップ寓話12話をミュージカル風にアレンジ。子どもたちの想像もふくらみ、素敵な英語劇ができあがります。声を変えて1人で何役かやってみるのも楽しいですね。

    詳細を見る»
  • 英語ビジュアル辞典555

    英語ビジュアル辞典555

    英語教室に、ご家庭に、小学校外国語活動にも使える万能教材! 単語の意味を調べるだけにとどまらず、すべてのユニットに盛り込まれた歌やチャンツ・ゲームを 楽しむことによりコミュニケーション力が身につく画期的な絵辞典です。

    詳細を見る»
FUMUFUMU英語とは?

フムフム英語は子どもの英語学習に関する悩みや相談などを気軽に話し合える場所です!

あなたの思っていることや回答がきっと他の人に伝わり、助けとなっていきますので、ぜひご参加ください!

新規会員登録(無料)はこちら