子供の英語教育・英語教材の口コミならフムフム英語TOP > 英語ビジュアル辞... に関する疑問・回答
このエントリーをはてなブックマークに追加

英語ビジュアル辞典555

来年度のクラスから、英語ビジュアル辞典555を導入しようか検討中です。価格が結構高いので、生徒さんに購入して頂くには少し慎重になっています。まだ、実際のテキストが手元に無いので、内容もサンプルでしか確認していませんが、どなたか既に使用されている方、オススメポイント等教えてください。また、その活用法をご指導いただけませんか?よろしくお願いします。

投稿日時:2016年12月14日 01時47分
この質問に回答する
このQ&Aは参考になった? はい
0人が「このQ&Aは参考になった」と投票しています
この質問への回答一覧(1件 1/1ページ)

英語ビジュアル辞典555

ohana26様

あけましておめでとうございます。今年もご活躍応援しています。

一つの提案ですが、辞典の活用前に、英検ジュニア(児童英検)の問題をチェックしてみる、もしくは生徒に模擬試験を受けさせてみる、と、何をどのくらい教えたら良いか、という目安がわかることが多々あります。
こういう会話をするには、これを知っていなくては、というのが問題に触れることでわかって来ます。それをもとに、辞典に出ている単語をチャンツで覚えたり、BingoやBongoをしたり、神経衰弱をしたり、とアクティビティを考えるのも良いと思います。
幼児であれば、チャンツの他に、ジェスチャーゲーム、ぬりえ、I like 〜.という簡単な発表も様々なカテゴリーでできますね。

英検ジュニア(児童英検)などの問題を見るのも、どのくらいのボギャブラリーをいつ頃までに教えたら良いかのヒントも見つかり、辞典の活用法も思いつきやすいです。

紀伊國屋やMARUZEN、ジャンク堂など大型書店ではmpiの教材が置かれているので、ぜひ辞典のカテゴリーもご覧になってみて下さい。チャンツもあって、とても利用しやすいと思います。

投稿日時:2017年01月06日 11時03分

関連商品のご案内

  • もっと英会話たいそう

    もっと英会話たいそう

    全国の公立小学校で多数採用されている『英会話たいそう』第2弾★小学校中学年からのお子さまが、日常で使いたい表現を中心に、音楽で「英語のメロディー」を、たいそうで「ジェスチャー表現」を身につけることができる体験型の教材。『CatChat英会話たいそう』DVD対応テキスト。

    詳細を見る»
  • This is Phonics 1

    This is Phonics 1

    すべてのユニットで「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をまんべんなく練習できるのが特徴の最新フォニックス教材。生徒が達成感を感じながら、学習を進められるアクティビティや、ゲーム感覚で楽しく学べる“Have a break!”コーナーなど、モチベーションをあげる工夫がちりばめられています。学んだことを確認できる力だめしつき。

    詳細を見る»
FUMUFUMU英語とは?

フムフム英語は子どもの英語学習に関する悩みや相談などを気軽に話し合える場所です!

あなたの思っていることや回答がきっと他の人に伝わり、助けとなっていきますので、ぜひご参加ください!

新規会員登録(無料)はこちら