子供の英語教育・英語教材の口コミならフムフム英語TOP > 小学校英語 評価... に関する疑問・回答
このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校英語 評価について

高学年からまもなく教科化ということでどう評価したらいいのか不安です。
自分が英語が苦手なのに、子どもの英語をどう評価できるのか。
具体的な方法が提示されるのだとは思いますが現段階でわかっていることはあるのでしょうか。

投稿日時:2018年11月11日 21時51分
この質問に回答する
カテゴリ:小学校英語
このQ&Aは参考になった? はい
0人が「このQ&Aは参考になった」と投票しています
この質問への回答一覧(1件 1/1ページ)

3つの観点別パフォーマンス評価

教科として数値による評価を行うことになります。

今わかっていることは新学習指導要領の目標に準拠して「知識・技能」「思考・判断・表現」「主体的に学習に取り組む態度」の三つの観点による評価を行うことになる、ということだけのようです。
この三つの観点別のパフォーマンス評価をすることになりそうです。

パフォーマンス評価とは体育であれば「跳び箱を跳ぶ」、図工で「絵を描く」、音楽で「リコーダーを演奏する」などの行動を評価するものです。

外国語の場合には「自分の好きなことやできることのスピーチ活動」「絵や写真など見せながらのShow and Tell」「チャンツやロールプレイの発表」などを評価するものとなります。

「知識・技能」は例えば流暢さ等、「思考・判断・表現」は自分の意見を述べているかどうか、「主体的に学習に取り組む態度」は声の大きさやアイコンタクト等を評価することになります。

投稿日時:2018年11月19日 14時04分
カテゴリ:英語教育, 小学校英語

関連商品のご案内

  • 小学生は英語が大好き 1 基礎編 日本語版

    小学生は英語が大好き 1 基礎編 日本語版

    「小学校外国語活動」 アクティビティー集。季節ごとや学年別に、英語を使ったアクティビティをイラストで紹介。巻末には、英語での指示の出し方を掲載。英語版を使って、ALTの先生と協力して活動を進めることも可能です。付属CDを使えば、英語が苦手な先生も安心です。

    詳細を見る»
  • もっと英会話たいそう

    もっと英会話たいそう

    「Hi!」で始まり「Bye!」で終わる英会話。間に入る表現を組み合わせ、会話の応用力を身につけましょう!小学校中学年からのお子さまが日常で使いたい表現を中心に、音楽で言葉のメロディーを、たいそうでジェスチャーを学ぶ体験型教材。『CatChat英会話たいそう』DVD対応テキスト☆

    詳細を見る»
FUMUFUMU英語とは?

フムフム英語は子どもの英語学習に関する悩みや相談などを気軽に話し合える場所です!

あなたの思っていることや回答がきっと他の人に伝わり、助けとなっていきますので、ぜひご参加ください!

新規会員登録(無料)はこちら