子供の英語教育・英語教材の口コミならフムフム英語TOP > 英語教室の生徒募... に関する疑問・回答
このエントリーをはてなブックマークに追加

英語教室の生徒募集・告知方法 アイデアください

少子高齢化の進む昨今、新たな生徒さんを獲得するために、英語教室の良さや特徴を多くの子供たちやその保護者様に知って頂きたいと考えているのですが、どういったメディアを通じて、宣伝していくのが効果的なのでしょうか。従来のようにチラシを各ポストに配布する方法が良いのか、ホームページ上で、注目されやすい見栄えの工夫をするのが良いか等、具体的な方法を教えてくださいませんか。

投稿日時:2019年01月23日 13時51分
この質問に回答する
カテゴリ:英語教室, 英語教育
キーワード関連商品:

小学生は英語が大好き 2 実践編 本

このQ&Aは参考になった? はい
0人が「このQ&Aは参考になった」と投票しています
この質問への回答一覧(1件 1/1ページ)

SNSでの告知は必須

チラシのポスティングはご近所で教室を求めている方には今も有効なのではないかと思いますが、
やはりSNSを活用することは必須ではないかと思います。なぜなら、その地域で英語教室を探している方は必ずweb検索で教室を探すからです。
インスタグラム、Facebookなどで情報発信していくことは欠かせないと思います。ご自分のサイトや、無料ブログを活用すれば継続的に教室の様子も紹介もできますし、クリスマスやハロウィーンなどの行事をのせると興味を持ってもらえると思います。もちろんどのような方針で取りくんでいる教室かもお知らせできると思います。

地道に、通っている生徒さんのお友達を招待するようなイベントを行うのもよいと思います。

投稿日時:2019年01月31日 16時45分

お礼

お礼が遅くなりましてしつれいしました。イベントを活用して親子に来てもらえるように考えてみたいと思います。お友達や親子で楽しめるものがあるとよさそうですね。ありがとうございました。

関連商品のご案内

  • 子どもと英語 -増補改訂版-

    子どもと英語 -増補改訂版-

    日本で、『英語を話せる子どもを育てる』にはどうしたらいいのか、英語をぺらぺらに話せるようになれば、果たして真の国際人になれるのか、などの疑問に明快に答えていく本書。子どもの年齢にあった学習方法が見つかります。

    詳細を見る»
  • 小学生は英語が大好き 2 実践編

    小学生は英語が大好き 2 実践編

    これ1冊で小学校英語の全てが分かる! 言語習得理論をはじめ、小学校外国語活動の目的や理念、評価方法などについてわかりやすく解説。 年間15~35回の「指導案」、「45分の授業案」、「アクティビティー集」を使って、すぐに教室での実践が可能です。

    詳細を見る»
FUMUFUMU英語とは?

フムフム英語は子どもの英語学習に関する悩みや相談などを気軽に話し合える場所です!

あなたの思っていることや回答がきっと他の人に伝わり、助けとなっていきますので、ぜひご参加ください!

新規会員登録(無料)はこちら