子供の英語教育・英語教材の口コミならフムフム英語TOP > 日本ではどうせ話... に関する疑問・回答
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ではどうせ話す機会がない

昨今英語教室が人気のようですが、日本にいる限り英語で話す機会はあまりないといっていいのでは。学ぶ必要が本当にあるのでしょうか。

投稿日時:2019年05月31日 10時52分
この質問に回答する
カテゴリ:英語教育
このQ&Aは参考になった? はい
0人が「このQ&Aは参考になった」と投票しています
この質問への回答一覧(1件 1/1ページ)

英語を話す機会は人生のどこかで起きる その時のために。

英語は実技型教科なので、まず「使ってみる」「体験してみる」ことに意味があります。図工や体育、家庭科などを学ぶとき、素晴らしい作品だけが評価されるか、速く走ることが評価されるか、上手に包丁を使えることが評価されるかといったらそうではなく、体験することで将来の「やってみたい」につなげていくことが重要です。
英語を話す機会がないと決めるのは早いことで、児童がこれから生きていく世界にもしかしたら「英語を話す機会」が訪れるかもしれない。その時に小学校時代の体験が生きてくると考えましょう。

投稿日時:2019年06月05日 07時58分
カテゴリ:英語教育, 小学校英語

関連商品のご案内

  • もっと英会話たいそう

    もっと英会話たいそう

    全国の公立小学校で多数採用されている『英会話たいそう』第2弾★小学校中学年からのお子さまが、日常で使いたい表現を中心に、音楽で「英語のメロディー」を、たいそうで「ジェスチャー表現」を身につけることができる体験型の教材。『CatChat英会話たいそう』DVD対応テキスト。

    詳細を見る»
  • 子どもと英語 -増補改訂版-

    子どもと英語 -増補改訂版-

    日本で、『英語を話せる子どもを育てる』にはどうしたらいいのか、英語をぺらぺらに話せるようになれば、果たして真の国際人になれるのか、などの疑問に明快に答えていく本書。子どもの年齢にあった学習方法が見つかります。

    詳細を見る»
FUMUFUMU英語とは?

フムフム英語は子どもの英語学習に関する悩みや相談などを気軽に話し合える場所です!

あなたの思っていることや回答がきっと他の人に伝わり、助けとなっていきますので、ぜひご参加ください!

新規会員登録(無料)はこちら