子供の英語教育・英語教材の口コミならフムフム英語TOP > 韓国と日本の英語... に関する疑問・回答
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国と日本の英語力の違い

英語教室を探す中で、韓国と日本の英語力の違いが気になったので質問します。15年ほど前までは日本と並んで英語力の低かった韓国も1990年前後から国を挙げて英語教育強化に取り組んでいるとのことです。小学2年生の息子が中学に上がるときに英語教室に通わせようと思っているのですが、日本の英語教育が韓国のように強化されることってないのでしょうか?もしそうなれば教室に通わせるかもっとよく考えようと思います。

投稿日時:2012年09月17日 06時22分
この質問に回答する
カテゴリ:英語教室
このQ&Aは参考になった? はい
1人が「このQ&Aは参考になった」と投票しています
この質問への回答一覧(1件 1/1ページ)

韓国と日本の英語力の違い

たっちゃん様

日本の英語教育は、何年も「行ったり来たり」の状態で、改革は亀の歩みのようです。5,6年生必修化、そして3,4年生にも導入を、という現状までに30年くらいかかりました。
すぐに韓国と同じくらい国が英語教育に予算を取るというのは、考え難いです。また、正しい方法で指導法を導入しないと、今韓国では詰め込み式の教育の悪影響が問題になっていますね。
英語レッスンのスタートはしっかり音が入る幼児、小学生の時期が最適です。中学校を待たずにスタートされるのをお勧めします。
きちんとカリキュラムが組まれたスクールを探してみられるといいですね。

投稿日時:2015年07月11日 22時12分
カテゴリ:英語教室, 英語教育

関連商品のご案内

  • もっと英会話たいそう

    もっと英会話たいそう

    「Hi!」で始まり「Bye!」で終わる英会話。間に入る表現を組み合わせ、会話の応用力を身につけましょう!小学校中学年からのお子さまが日常で使いたい表現を中心に、音楽で言葉のメロディーを、たいそうでジェスチャーを学ぶ体験型教材。『CatChat英会話たいそう』DVD対応テキスト☆

    詳細を見る»
  • Speech Navigator 2 スピーチナビゲーター

    Speech Navigator 2 スピーチナビゲーター

    スピーチに必須の「構成力」が学べる!レベル1で基本的な自己表現力を身につけた生徒が、続いて英語の文章で重要なポイントである「構成力」の習得へとステップアップできる教材。発表する側、発表を聞く側のマナーも合わせて学べます。

    詳細を見る»
FUMUFUMU英語とは?

フムフム英語は子どもの英語学習に関する悩みや相談などを気軽に話し合える場所です!

あなたの思っていることや回答がきっと他の人に伝わり、助けとなっていきますので、ぜひご参加ください!

新規会員登録(無料)はこちら