子供の英語教育・英語教材の口コミならフムフム英語TOP > 英会話の年間目標 に関する疑問・回答
このエントリーをはてなブックマークに追加

英会話の年間目標

現在英語を幼稚園児、小学一年生に教え始めました。
年少、年中クラスは主にsuper star songを中心に、年長クラスはSKYBOOK1を使って教えています。
幼稚園児には英会話たいそうを中心に教えていますが、小学校一年生への基本的英会話、例えば、I am sad,happy, angryや、This is a penなどの簡単な会話を、どこまで教えるか、の年間目標みたいなものを、どうやって考えるか迷っています。これは指導者が決めるものだとは思うのですが、皆さんはどのように決めておられるか、教えて頂ければ参考になります!宜しくお願いします!

投稿日時:2014年10月03日 14時28分
この質問に回答する
このQ&Aは参考になった? はい
3人が「このQ&Aは参考になった」と投票しています
この質問への回答一覧(3件 1/1ページ)

英会話の年間目標

sunnybirdengさん、こんにちは!

私もかふぇもかさんの教材組み合わせで児童英語指導をして、定着を実感した一人です。

幼児の頃は、いかにたくさん英語の音声に触れてリズムや音を体感して覚えるかが、その後の英語習得に大切なポイントとなりますね。
幼児が繰り返し楽しむ「歌、チャンツ」「絵本」は、チャンクの表現、自然な英語、を身につけるための素晴らしい入り口。
また、移民の英語教育がしっかりしたイスラエルの大学のリサーチで、手遊びをする子供達の方が、スペルの間違いが少ない、文字がきれい、文章を書く力にたける、という結果も出ています。
歌、チャンツ、手遊び、リズム習得の大切さは、保護者の方々にも、ニュースレターなどでたくさん伝えたいところです。
保護者の方々が納得して下さると、家でたくさんCDを聞くことに協力してもらえます。
そういうリズム遊び、言葉遊びを飛ばしてしまうと、またまた英語を話すのが苦手な日本人をプロデュースしてしまいます。幼児、低学年から正しく教材を選び、歌、チャンツによる楽しいインプット、年齢にあった絵本で異文化体験を楽しんでもらうよう、プラン立てできるといいですね。

投稿日時:2014年12月16日 11時01分

お礼

ご回答ありがとうございます!
研究結果、素晴らしいですね!
ぜひ参考にさせて頂きます、ありがとうございます!

ベースの教材を決めて、ステップアップしていきます

私が自宅英語教室を始めた時も、年長・小1の子ども対象クラスから始めました。

幼児さん:Songs and Chantsや絵本中心、会話は、Pam and Tedレベル
幼稚園児1年目:SKYBOOK1をベースに、バナナでなくてbananaチャンツや絵本
幼稚園児2年目:SKYBOOK2をベースに、チャンツ・アルファベット・絵本
小1クラス:Superstar songs1、英会話たいそうカードブック1、アルファベット・絵本
小2クラス:Superstar songs2、英会話たいそうカードブック2、アルファベット・絵本

を使用しています。「英会話たいそう」子ども達大好きですよね。ただ、幼稚園児さんだと
歌・ダンスを楽しめるけど、フレーズ練習になると難しい子も出てくるのでは?SKYBOOKの中の
Guru-guru chant なら無理なく定着させることができます。日々のちょっとした、気持ち表現
などは、レッスン中に少しずつ使用して「聞きなれる」→「使える」ようにしてもいいと思います。

英会話たいそうの96表現は、自分がホームステイした頃を思い出しても、日常会話の基本中の基本
だと思うので、小学校低学年のうちに教えてあげたいな、と思っています。

先の回答者さんが書かれているように、英語の「聞く・話す・読む・書く」の4技能をバランスよく
教えるには「歌・チャンツ」「会話・自己表現」「絵本・読み物」「アルファベット・フォニックス」を
バランスよく教えることが大切だと思います。

また、言語習得の順番は「聞く・話す・読む・書く」の順序です。中学で習うようなことを前倒しで
教えるのではなく、幼児・低学年の子には年齢に応じた教え方をするとよいと思います。なので
This is a pen.はいらないんじゃないか、と思います。日本語が「単語」「2語文」と順に上達する
ように、会話もGuru-guru chant 英会話たいそう96表現 から次の教材へとステップアップして、
歌も同じようにSuperstar Songs 1-3 と進むと無理なく教えることができます。

小さい子が英語を楽しんでくれるとうれしいですよね。まず小1くらいを基準に教材を選ぶと前後の
学年の教材選びが楽になりますよ。

投稿日時:2014年11月15日 21時29分

お礼

ご回答ありがとうございます!
お礼の返信が遅れ、大変失礼しました!
大変参考になります!早速導入してみたいと思います!

カテゴリ:英語教室, 英語教材

会話以外にもバランスよく取り入れるといいと思います。

小学校1年生の英会話というご質問ですが、
幼稚園児に教えている英会話たいそうをぜひ、小学生にも使ってみてください。

英会話たいそうは96の基本の会話表現が入っていますので、必要な会話表現が学べますし、ジェスチャーしながら楽しく歌って覚えた英会話を、会話として使えるように指導されれば、1年間の会話の目標としては十分な会話量だと思います。
英会話たいそうカードブックには新しいスキット作りや、インタビューのアイディアも載っていますので、ぜひご覧になってみてください。

既に幼稚園の時に英会話たいそうを学んで、充分に取得している生徒さんであれば、続編の『もっと英会話たいそう』を使うと、さらに96の表現が学べますよ。

I'm happy, sad のような感情表現は、最初の挨拶の時や、レッスンの中に合わせて入れるとよいと思いますが、This is a pen. は教えなくてもいいと思いますよ。

年間の指導計画としては、会話だけでなく、
1.歌、チャンツ  2.絵本  3.会話,自己表現  4.フォニックス
の4ジャンルをバランスよく組み合わせ、それぞれの目標を設定すると、よいカリキュラムができると思います。
(例えば、大きな声でジェスチャーをつけながらリズムよくチャンツを歌う、、などの目標から、学年が上がれば同じチャンツでも、テキストを開いて文字に着目させながら歌う・・などにする)

投稿日時:2014年11月04日 15時35分

お礼

ご回答ありがとうございます!
お礼の返信が遅くなり申し訳ありませんでした。
色々と思考錯誤してみます!

関連商品のご案内

  • Speech Navigator 2 スピーチナビゲーター

    Speech Navigator 2 スピーチナビゲーター

    スピーチに必須の「構成力」が学べる!レベル1で基本的な自己表現力を身につけた生徒が、続いて英語の文章で重要なポイントである「構成力」の習得へとステップアップできる教材。発表する側、発表を聞く側のマナーも合わせて学べます。

    詳細を見る»
  • 高学年のための小学校英語

    高学年のための小学校英語

    子どもの反応を見極めた担任だからこそ書けた、小学校英語の実践書です。 英語指導も教室運営のプロである担任が主体となればうまくいく! いますぐ英語活動をはじめたい先生のために活動用CDやコピー可のページを多数掲載。

    詳細を見る»
FUMUFUMU英語とは?

フムフム英語は子どもの英語学習に関する悩みや相談などを気軽に話し合える場所です!

あなたの思っていることや回答がきっと他の人に伝わり、助けとなっていきますので、ぜひご参加ください!

新規会員登録(無料)はこちら