このエントリーをはてなブックマークに追加

must の使い方

中学のテキストでは未だに「~しなければ」というとき[must」が出てきますがネイティブなどはまず使わないと聞きます。あまり使わない言葉を真っ先に教えなければならないことにいつも疑問を感じます。
must はかなり特殊な場合に使うのではないでしょうか。

ネイティブの「変な日本人の英語」に出てくる表現が他にもたくさんあるようです。私も英語圏に4年間
滞在しましが一度も言われたことはありません。どなたか教えてください。

投稿日時:2015年01月14日 20時56分
この質問に回答する
カテゴリ:中学校英語
このQ&Aは参考になった? はい
1人が「このQ&Aは参考になった」と投票しています
この質問への回答一覧(1件 1/1ページ)

mustの使い方

英語であそぼ 様

こんにちは。現在英会話スクールで教えているものです。
たしかに普段の会話では、have toを使うのでmustはあまり耳にしませんね。お医者さんに体重を減らすように言われ、I must lose my weight.とストイックな内容で自分のことについて話す時に使ってるのはよく聞きます。
日本の中学校の英語は、もともと読み書き、英文和訳、を中心に勉強されてきたので、文章を読む時に助動詞の意味を知っておく必要があるので、会話文で頻度が高くはないけれども知っておくべき助動詞、として習うのでしょうね。
shouldも、〜すべきと訳すと強い響きに聞こえますが、実際は〜したほうがいいよYou should go home and get some sleep.のように相手にアドバイスをする時に使われますもんね。逆に〜したほうがよい、と習うhad betterは、親が子供に〜しないとダメなんじゃないの?と言う時に使う強いニュアンスになる事が多いです。
私も、昔から同じように繰り返されている学校の教科書の内容は改定する必要を感じますが、生徒様には絶対にネガティヴなことは言わないほうがいいので、「これは、こんな風に使うよ」と先生が状況のわかるイラストなどを使って例を示して教えていけばいい、と考えてます。(文科省に声が届くのを待っている暇はなく、目の前の生徒様に使える英語を伝えていかないといけないですからね 笑)
言葉のニュアンスがつかめるよう、多めに文章例を示して対処するのがいいと思います。子供達は先生の姿勢に影響されるので、「色々使い方あるね。日本語と英語、見比べると楽しいね」とボジティブな感じで一緒に勉強していると、「本当だ、なんか面白い」と楽しく受けとめてくれるかもしれませんね。
たくさんの人がひっかかる疑問だと思います。良い質問ありがとうございます。私も勉強続けます。

投稿日時:2015年01月16日 11時07分

お礼

ありがとうございました。中学の教科書は改訂の時もっとチェックが必要ですね。日本語もそうですが
生きた言葉が大事かと思います。関係者がもっと声を挙げる方法はないものでしょうか。

カテゴリ:英語教育, 中学校英語

関連商品のご案内

  • もっと英会話たいそう

    もっと英会話たいそう

    「Hi!」で始まり「Bye!」で終わる英会話。間に入る表現を組み合わせ、会話の応用力を身につけましょう!小学校中学年からのお子さまが日常で使いたい表現を中心に、音楽で言葉のメロディーを、たいそうでジェスチャーを学ぶ体験型教材。『CatChat英会話たいそう』DVD対応テキスト☆

    詳細を見る»
  • 子どもと英語 -増補改訂版-

    子どもと英語 -増補改訂版-

    日本で、『英語を話せる子どもを育てる』にはどうしたらいいのか、英語をぺらぺらに話せるようになれば、果たして真の国際人になれるのか、などの疑問に明快に答えていく本書。子どもの年齢にあった学習方法が見つかります。

    詳細を見る»
FUMUFUMU英語とは?

フムフム英語は子どもの英語学習に関する悩みや相談などを気軽に話し合える場所です!

あなたの思っていることや回答がきっと他の人に伝わり、助けとなっていきますので、ぜひご参加ください!

新規会員登録(無料)はこちら