子供の英語教育・英語教材の口コミならフムフム英語TOP > 英語教室で使用す... に関する疑問・回答
このエントリーをはてなブックマークに追加

英語教室で使用する教材について

英語を初めて学ぶ小学校高学年 (4-6年生)の生徒さんには、「英会話たいそう2」と「もっと英会話たいそう」のどちらがより適切か是非教えて下さい。生徒さんのそれぞれの教材を使用した時の反応も教えていただければと思います。

投稿日時:2015年05月03日 10時23分
この質問に回答する
キーワード関連商品:

小学生は英語が大好き 2 実践編 本

このQ&Aは参考になった? はい
1人が「このQ&Aは参考になった」と投票しています
この質問への回答一覧(2件 1/1ページ)

補足です

高学年でも「英会話たいそう」のテキスト使っています。

ただ、英語が初めての高学年のレッスンで「さあ、踊りましょう!」と言っても、生徒達が歌って踊って~とはなりにくいかな?と思います、ということです。

投稿日時:2015年05月20日 22時39分

お礼

補足をしていただきありがとうございました。もし使うとしたら、躍らせず、高学年に合う指導法で教える必要がありそうですね。

英会話たいそう

「英会話たいそう」と「もっと英会話たいそう」の比較ということでよろしいでしょうか?

私の感覚では英語を初めて学ぶ子にはまずは「英会話たいそう」の方がいいと思います。ただ、絵のテイストを子供達が受け入れられるかどうかですね。

絵は「もっと英会話たいそう」のほうが子供ウケがいいです。


それより、英語が初めての小学校高学年が 英会話たいそう・・・ 踊るでしょうか?

踊ってくれる子はうちでは小2くらいまでかな?

高学年には踊らずに指導する方法を取り入れると良いと思います。

参考までに。

投稿日時:2015年05月19日 23時05分

お礼

今回もお返事をいただきありがとうございます。「英会話たいそう2」や「もっと英会話たいそう」なら小学校の高学年の初めてのクラスでも使えると聞いたことがあるのですが、小学校2年生までしか踊らないと聞き、小学校高学年の教材を再び検討しようと思います。
大変参考になりました!

関連商品のご案内

  • This is Phonics 2

    This is Phonics 2

    すべてのユニットで「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をまんべんなく練習できるのが特徴の最新フォニックス教材。生徒が達成感を感じながら、学習を進められるアクティビティや、ゲーム感覚で楽しく学べる“Have a break!”コーナーなど、モチベーションをあげる工夫がちりばめられています。学んだことを確認できる力だめしつき。

    詳細を見る»
  • 通じる英語はリズムから  I like coffee,I like tea

    通じる英語はリズムから  I like coffee,I like tea

    遊びながら口ずさめるチャンツ傑作集。英語圏の子どもなら誰でも知っている「マザーグース」から、とびきりリズムの楽しいものを選びました。数え歌、手遊び歌、なわとびの歌など「英語を使って楽しむ」という体験ができます。

    詳細を見る»
FUMUFUMU英語とは?

フムフム英語は子どもの英語学習に関する悩みや相談などを気軽に話し合える場所です!

あなたの思っていることや回答がきっと他の人に伝わり、助けとなっていきますので、ぜひご参加ください!

新規会員登録(無料)はこちら