子供の英語教育・英語教材の口コミならフムフム英語TOP > 英語表現について に関する疑問・回答
このエントリーをはてなブックマークに追加

英語表現について

英語教室で、幼児や小学生に英語で授業を行う場合、教師の言ったことがわからない時に、先生方は「I don’t know」、「One more time, please」、「Excuse me?」などの表現をいつ頃教えていらっしゃるでしょうか。
①教室入会後、できるだけ早く教えて使わせる。
②しばらくは、教師の言ったことがわからない時に生徒が使うジェスチャーなどを決めておき、ジェスチャーをさせる。
是非教えて下さい。

投稿日時:2015年05月03日 15時39分
この質問に回答する
キーワード関連商品:

小学生は英語が大好き 2 実践編 本

このQ&Aは参考になった? はい
0人が「このQ&Aは参考になった」と投票しています
この質問への回答一覧(1件 1/1ページ)

英語表現について

cookie様

英語表現は、発話できるようになったら(きちんと発音できる前でも声を出して歌えるようになったら)その都度状況に合わせて一緒に使ったらいいと思います。
Red pen, please. Thank you. You're welcome.など、レッスンでよくあるやりとりを、全部言えなくても部分的に言えるようになった時に声を出して使ってもらうといいと思います。声を出してアウトプットできるようになるのは、個人差もあるので、何歳で、とか決めなくても良いと思います。発音の真似をしながら声を出せるようになったら、で良いのではないでしょうか。
歌を歌ったり、絵本を音読している様子を見ていたら、発話できているかわかりますし、発話する前にもひたすら聞かせてインプットするとあっという間に使えるようになります。
オープンクラスデーなどに、年上の子供達が表現を使っているのを見せるのも、良いインプットになりますね。状況と一緒に入ってくる表現は、とても早く定着するので。

投稿日時:2015年06月27日 22時16分

お礼

今回も適切なアドバイスをいただきありがとうございました。生徒の発話の様子を見ながら、少しずつ取り入れていきたいと思います。インプットを十分に与えた後というのも大切な点ですね。大変参考になりました!

関連商品のご案内

  • The Hot Book 2nd Edition  はじめてのえいごシリーズ かいわ

    The Hot Book 2nd Edition はじめてのえいごシリーズ かいわ

    幼児の言語習得段階を研究し、開発された幼児用教材3作シリーズです。「かいわ」編では幼児期の子どもが日常で使う表現を学ぶことができます。2ndエディションでは、スティッカーと別冊ワークつき。

    詳細を見る»
  • Japanチャンツ

    Japanチャンツ

    リズムに乗ってチャンツ練習するうちに、日本のことを英語で言えるようになる教材。日本の四季、歴史上の偉人、特産物や野生動物などのほか、日本一古い建物や長いトンネルなど、“海外で紹介したい日本”を集めました。 誇りを持って日本を世界に発信できるようになろう!

    詳細を見る»
FUMUFUMU英語とは?

フムフム英語は子どもの英語学習に関する悩みや相談などを気軽に話し合える場所です!

あなたの思っていることや回答がきっと他の人に伝わり、助けとなっていきますので、ぜひご参加ください!

新規会員登録(無料)はこちら