最新特集

フォニックスが学べる英語教室

フォニックスは家庭でも取り組むことのできる英語学習法ですが、英語教室で先生や他の子どもたちと一緒にインタラクティブに学ぶことで、更に効果を発揮できるフォニックスを子どものうちから学ぶ英語教室の先生にお話をうかがいました。

詳細を見る»

2020年英語教育が変わる?

全国の公立小学校では、2011年4月より、5・6年生で週1コマの「外国語活動」が必修化となりました。現段階では、「外国語」は教科ではなく、道徳と同じ“領域”の位置づけですが、2020年には英語が“領域”から“教科”となり、評価規準も大きく変わるとされています。 大学入試においても、TOEFLなどの外部試験を有効活用するなどして、4技能を測る試験が導入されます。 保護者の方々には、期待されている方、どんな準備をしたらいいのかと不安に感じる方が入り混じっている印象です。お子様に英語を習わせるべきか迷っていらっしゃる保護者の方にインタビューし、教育改革について、知りたいことをお伺いしました。

詳細を見る»

海外で活躍できる子どもを育てる英語とは

英語は世界共通語として、世界の国の人々とコミュニケーションするための言語として広く使用されていますが、『コミュニケーションツールとしての英語力』とは、いったいどのような英語力でしょうか?

詳細を見る»

自宅でできるフォニックス学習

昨今はご家庭でもフォニックス学習に興味をお持ちの方が増えてきましたが、「うちの子の年齢では何をやればいいの?」をお探しの方に、ご家庭でフォニックスを始めるときに知っておいてもらいたいフォニックス学習の進め方を、まとめてみたいと思います。

詳細を見る»

フォニックス教材の選び方

フォニックスとは、発音とつづりの関係を表すルールを学ぶ学習法で、もともと英語圏の子どもたちに読み書きを教えるために開発されたものです。フォニックスを学ぶことで、聞いた英語が書けるようになったり、書かれた文章や文字を読むときに英語らしく発音できるようになります。 アルファベットの音から「読む」「書く」に繋げるフォニックス学習を始めるにあたって大切なこと、またフォニックス教材を選ぶときにはどのようなことに気をつければよいかをお話したいと思います。

詳細を見る»

自宅学習を効果的に取り入れ2000時間のインプットを目指そう!

言語習得には2000時間の音声インプットが必要といわれています。2000時間というと、例えば1日約5~6時間英語に触れながら、英語圏に1年間滞在したのと同じくらいの時間になります。 またこの場合の音声インプットとは、意味のある英語の音にたくさん触れるということです。 日本で英語を習得する時にも同様、2000時間の音声インプットを確保すると、自然とアウトプットに繋がると言われています。 例えば週1時間・年間42レッスンある英会話学校に通っている生徒にとって、年間の英語学習時間は42時間、1.75日に相当するインプット量になります。単純に時間だけを見るわけにはいきませんが、これだけでは2日にも満たないインプット量です。2000時間を目指すとなると、約50年かかってしまう計算です。 今回はこのような2000時間のインプットを自宅学習を効果的に取り入れる方法をご紹介します。

詳細を見る»

2020年、英語でおもてなし!

2020年に五輪東京開催が決定となり、競技場建設や環境対策などと併せて、英会話での“おもてなし”計画が注目されています。 もちろんオリンピック開催の2020年まで待つことなく、日本に訪れた外国人観光客の方に、日本の魅力をたくさん知っていただく機会を作ることができたら、素晴らしいことです。国内だけでなく、海外に出かけた時も日本について英語で伝えられるようになったら素敵ですね。今回は「日本について英語で発信できるようになる!」をコンセプトにシンプルな英語を使った日本紹介についてお話します。

詳細を見る»

帯時間を利用したモジュール英語活動

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催決定や、文部科学省より公表された『グローバル化に対応した教育改革実施計画』などを受け、全国の小中高等学校では、英語教育全体の充実を目指し、 様々な取り組みが始まっています。 このうち特に小学校で注目されている、1回10分~15分程度の帯時間を利用したモジュール英語活動について大切なポイントをまとめました。

詳細を見る»

英語絵本指導『Book Report』を使ってアウトプット指導を

絵本は子どもに英語を教えるのに適した教材のひとつで、英語教室でも小学校でもよく使われている教材です。また、英語の絵本は、子どもの心を豊かにし、楽しんで取り組める教材です。 “絵本で英語を教える”ことについて「Book Report」を活用する方法があります。今回はこの「Book Report」を中心に児童英語指導者を目指す皆様に、ぜひ知っておいていただきたい内容をまとめました。

詳細を見る»

小学校外国語活動でのティームティーチング

昨年末、文部科学省が発表した「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」では、小学校英語の開始を3・4年生からに前倒し、また5・6年生は週3コマ程度の英語教科を取り入れるという案が出されました。 2020年の東京オリンピック開催を目前に、日本の英語教育は少しずつですがあゆみを進めています。 小学校英語の現場で行われるティームティーチングについて大切なポイントをまとめました。

詳細を見る»

月別アーカイブ